ビン入りのうに

おいらは、うにが大好きである。
時々、びんに入ったものを買う。

しかし、このビンに入ったものは、おいらをいらいらさせる。
あのビンの形状が気に食わない。

スプーンですくい出したり、箸ですくったりして、底に残らないように努力するのであるが、最後にはどうしてもビンの肩の部分に当たるところのものが残ってしまう。

これを全て掬い取るのは至難の技である。
これまで、すっかり掬い取れたことが無い。

どうして、あんな形のビンに入れてあるのかなあ・・・
けちけちした話であるが、うに好きのおいらは、少量でもビンに残してしまうと言う事は後ろ髪を引かれる思いである。

これまで色々と努力してみたが、満足の出来る成果が得られたことは無い。
ビンの外からまだ残っているうにを見ながらそれを食うことを諦めねばならないという事は何とも言えぬ恨めしい気分である。

かくなる上は、探偵ナイトスクープにでも依頼してビンの形状の由来を調べてもらいたいと思っている。

出来ることなら、あのおいら泣かせの形状を改めてもらいたい。
業者は分かっているのかな?